VenturaからMontereyへダウングレード(M1 Mac/Intel Mac)

スポンサーリンク
Ventura to Monterey

アプリが最新OSに対応していないなど、何らかの理由でMacのOSをダウングレードしたい場合がありますが、特にM1 Macは正しい手順でダウングレードしないと起動できなくなるので注意が必要です。

M1 Macでディスクユーティリティからディスクの消去をするとハマります。

本記事では、M1 Mac、Intel Macそれぞれで2022年10月現在最新のVenturaから1つ前のMontereyへダウングレードする方法を紹介します。

最初に行うMontereyのインストールメディア準備までは共通ですが、それ以降の手順が異なりますので、お使いのMacに合った章を参照してください。

本記事の内容は以下の動画にも収めていますので、参考にしてください。

【M1 Mac用】

【Intel Mac編】

使用環境

マシンOS
1MacBook Air M1 2020macOS Ventura 13.0
2MacBook Pro 15-inch 2019macOS Ventura 13.0

バックアップ

Venturaにアップグレード前にTimeMachineバックアップを取っておくことが望ましいです。

TimeMachine Backup

Venturaで作成したTimeMachineバックアップディスクは、Montereyでは読み込みできません。

MontereyでTimeMachineバックアップせずにVenturaにアップグレードしてしまった方は、必要なファイルをUSBメモリや外付けのHDDなどの外部ディスクにコピーして、Montereyにダウングレード後に外部ディスクからコピーし直すことでデータ移行してください。

Montereyインストールメディアの作成

インストールメディアに使用するUSBメモリは16GB以上のものを選択します。

KEXIN USBメモリ・フラッシュドライブ 16GB 3個セット

こちらのサイトに従い、Montereyのインストールメディアを作成します。

下図のmacOS Montereyをクリックします。

Download Monterey

下図のMontereyのコマンドを--volumeの部分までコピーしてターミナルに貼り付けます。

その後、書き込みたいUSBメモリなどのドライブをターミナルにドラッグ&ドロップするとボリューム名を書き込めるので、Enterを押して実行します。

中身を消去して良いか確認されたら、Yを入力して処理を進めます。

実行が終わったら、Montereyのインストールメディアの完成です。

作成したMontereyのインストールメディアを差し込んで、お使いのMacに合わせ「M1 Macの場合」もしくは「Intel Macの場合」の章に進んでください。

M1 Macの場合

Macを消去

電源ボタンを長押しして起動します。

以下の画面になったら「オプション」を選択します。

以下の画面になったらメニューのユーティリティからターミナルを立ち上げ、ターミナル上で以下のコマンドを実行します。

resetpassword

ここがポイント!!
ディスクユーティリティからディスクを消去してしまうとうまくいきません。

パスワードをリセットというウィンドウが立ち上がりますが、このウィンドウでは何もせず、メニューの復旧アシスタントから「Macを消去…」をクリック、その後に表示される「このMacを消去」→「Macを消去」とクリックして消去します。

起動時にWi-Fiに接続していなかった場合、ここで接続するよう促されるので、メニューのWi-FiマークからWi-Fiに接続します。

自動的にActivateの処理が進みます。

途中でWi-Fiに接続するようメッセージが表示されたら、接続するWi-Fiを選んでパスワードを入力します。

Activate Macの処理が終わると起動時の画面に戻るので、ディスクユーティリティからMacintosh HDが削除されていることを確認します。

もし、ディスクの名称がUntitledとなっていた場合は、右クリックから名称をMacintosh HDに変更しておきます。(必須ではありませんが、Untitledでは気持ち悪いので)

メニューのアップルマークからシステム終了します。

Montereyのインストール

電源ボタン長押しで起動し、以下の画面になったら、「Install macOS Monterey」を選択して進みます。

Install Monterey

あとは流れに沿って進めればよく、インストール先はMacintosh HDを選択します。

Intel Macの場合

ディスクの消去

インストールメディアとTimeMachineバックアップしたメディアを接続した状態で、Optionキーを押しながら電源ボタンを押して起動します。

Wi-Fiネットワークを選択してパスワードを入力し、「Install Monterey」をクリックします。

Install Monterey

ディスクユーティリティから「Macintosh HD」を選択して、上部にあるプルダウンメニューから「すべてのデバイスを表示」をクリックします。

Macintosh HDの最上位階層を選択して、「消去」をクリックします。

名前は「Macintosh HD」とします。(他の名称でも構いません)

このときフォーマットはAPFS、方式はGUIDパーティションマップのままとして、「消去」をクリックします。

ディスクの消去が完了したら、ディスクユーティリティを閉じます。

Montereyのインストール

「macOS Montereyインストール」をクリックして「続ける」を押します。

Install Monterey

あとは流れに沿って進めるだけです。

TimeMachineからデータを復元

ここからは、M1 Mac、Intel Mac共通です。

MontereyでTimeMachineバックアップを取っっている場合、インストール中に以下の画面になったらTimeMachineバックアップ(上)を選択してデータの移行を行います。

Montereyでのバックアップがない場合は、画面左下の「今はしない」をクリックして先に進みます。

まとめ

M1 Macでは、復旧アシスタントからMacを消去し、インストールメディアからMontereyをインストールすることができました。

Intel Macでは、ディスクユーティリティからMacintosh HDを消去し、インストールメディアからMontereyをインストールすることができました。

VenturaからMontereyにダウングレードしようとされている方のお役に立てれば幸いです。

書籍紹介

Mac最強テクニック全集

はじめてのマック 2022 (Mac Fan Special)

参考文献

タイトルとURLをコピーしました