2020-05

スポンサーリンク
パソコン

【M1スゴイ】Cinebench R20/R23とNovabenchを使ったCPU/GPU処理速度比較

Cinebench R20、Cinebench R23でCPU処理速度を、Novabenchを使ってCPUとGPUの処理速度を継続的にベンチマークしています。 最近発売されたM1チップ搭載のMacBookは、Core i9搭載のMacBookに匹敵する処理能力を持っていることがわかりました。
プログラミング

Visual Studio Code & PlatformIOで快適Arduino開発

Arduinoの開発環境として、これまでArduino IDEを使っていましたが、Visual Studio CodeのPlatformIOエクステンションを試したところ非常に使いやすかったので紹介します。
分解

キーボードの黄ばみ落とし/ABS樹脂を過酸化水素と界面活性化剤入りの漂白剤に浸して日光浴させる

キーボードなどのプラスチック製品は、使っているうちに黄ばんでくることがありますね。 プラスチックのうち特にABS樹脂の黄ばみを漂白剤を使って落とす方法を紹介します。
IoT

LINE Clovaを使って声でobnizを動かす

LINE Clobaに音声認識させ、無料で使えるクラウドサービスRunkit経由でobnizにコマンドを送り、モーターやLEDを操作する方法を紹介します。 obnizを使えば、こういったIoTの連携が簡単にできます。
3Dプリンタ

GR-ADZUKI & BlocklyDuino ビジュアルプログラミングでチキンレース

ミニ四駆とGR-ADZUKI(Arduino互換)を使ってチキンレースをするための工作のしかたとBlocklyDuinoを使ったビジュアルプログラミング環境の立ち上げ方法について説明します。
プログラミング

IDE for GRをコマンドラインから使う

がじぇるねGRボードのスケッチ(プログラム)のコンパイルとボードへの書き込みをコマンドラインで実行する方法を紹介します。 GUIを立ち上げなくて良いため、スケッチの修正→コンパイル→書き込みのサイクルを素早く回すことができます。
IoT

スマートプラグでバッテリーにやさしい充電をする仕掛け

スマートプラグとMacのApple Scriptを使って、自動的にバッテリーにやさしい充電をする環境を構築したので紹介します。
IoT

DTMF認識モジュールRDM-01を試す

DTMF(電話のプッシュトーン、ピポパ音)を認識して電気信号に変換するモジュールRDM-01がWebサイトで販売されました。 DTMFから信号変換という手法自体は昔から行われているようですが、スマートスピーカと連携させることで、サーバサイドの構築労力を軽減するというコンセプトが面白いと思い試しました。
Docker

Docker for WindowsでLinux作業環境とWebサーバ環境を構築する

Docker for Windowsを利用して作業用Linux環境(Debian)とローカルマシン上で動作する2種類(NginxベースとNode.jsベース)のWebサーバ環境を構築して動作確認を行いましたので紹介します。
Docker

DockerでMQTT通信

Dockerコンテナ上でPythonのMQTTクライアントライブラリであるPaho-MQTTを使って、かんたんにMQTT通信する方法を紹介します。 AndroidスマホのアプリとのMQTT通信についても紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました