【Mac】Anacondaのインストールから仮想環境作成まで

スポンサーリンク

ブログにAnacondaのPython3仮想環境を使う記事が増えてきたので、Anacondaのインストールから仮想環境のターミナル立ち上げまでを本記事で説明し、別の記事からリンクすることにしました。

Anacondaインストール

こちらのサイトの下の方にあるリンクからAnacondaインストーラをダウンロードします。

ダウンロード後は、以下のような画面からインストールを進めていきます。

以下の画面のようなAnaconda Navigatorが立ち上がると思います。

仮想環境作成

それぞれの作業用に仮想環境を作ります。

Environments→Createで表示されるウィンドウ内Name欄に任意の仮想環境名を入れてCreateを押します。

Create LTspice virtual environment

Pythonバージョンを初期値から変えたい場合はプルダウンから変更できます。

プルダウンを押しても初期値しか選択できない場合は、「Update index」を押してから再度プルダウンを押すと他のバージョンも選べるようになると思います。

作成した仮想環境の▶ボタンからOpen Terminalでターミナルを起動するのが基本的な使い方になります。

anaconda open terminal

仮想環境においてconda install jupyterでJupyterをインストール後は、Jupyter Notebookの起動もできるようになります。

書籍紹介

Pythonの学習におすすめの書籍を紹介します。

やはりオライリーはハズレが無いので1冊持っていて損はないと思います。

入門 Python 3

基礎から応用までわかりやすい説明でコード例も多数載っていて、初学者の入門書としては必要十分と感じています。

さらにPythonらしいコードの書き方も言及されていて、スマートなコードが書けるようになります。

参照記事

本ブログの以下の記事から本記事へリンクしています。

タイトルとURLをコピーしました